イチエの頭の中。

はちのへで気ままなUターン暮らしを満喫中。みんな帰っておいでよ。

【移住】「頑張って人口増やしてね!」への違和感。もうそんなこと言ってる場合じゃないのです。

「移住コーディネーターです」というと、

「頑張って人口増やしてね!」と言われることがたまにあります。

 

ですが、今から「人口減少対策のための移住」は遅いのです。

理由はこれが結構しっくりきました。ちょっと前の記事ですが。

gendai.ismedia.jp

 

もう、ひとつの自治体の人口が増えた減ったという次元の話ではない。

この先人口は増えることはないんだから、人口が減り続けていくなかで、社会の仕組みをどう担保していくのか、っていうフェーズなんだと感じます。

もう国レベル。

 

だから、

「地域の未来を守るために、移住という取り組みを通じて、コミュニティや横の連携をつくる」とか、

「移住という取り組みを通じて、地域の人たちに現状を理解してもらう」とか、

「地域を残すために、移住という取り組みを通じて、担い手募集&育成をする」とか、

「長い目で見たUターン促進(たとえば教育の分野とか)」とかだと、腹にすとんと落ちるし、やりたいと思います。

  

とはいえ個々の生活は営まれていきますし、ライフスタイルに合わせて、

「子育てしやすいところがいい」

「一次産業に興味がある」

フリーランスの人が集まってるところがいい」

「一度は島で暮らしてみたい」

とかとか、いろいろ希望はあると思います。

 

わたしは、 

「住みたい町に住みたい」

「理想のライフスタイルを実現したい」

っていう人を応援する存在で在りつづけたいと思います。

 

わたしの住む町でどんな動きがあるのかは、改めて記事に書きたいと思います。