イチエの頭の中。

昨年八戸にUターン移住。八戸の暮らしや移住、はたらく、女の人生などについてつらつらと。

【はたらく】自分の命や体より大事な仕事なんてない。組織に属しているなら、代わりはいくらでもいるんだから。

https://www.instagram.com/p/BTBWbLOAxcm/

 

入社 2週間で退職したことがあります。

ふらふらと好きなことをやって生きてきた人生のなかで、

初めて「キャリアアップ」というものを意識しての転職でした。

採用1名に対して応募が40名ほどあったと聞いたような記憶があります。

その1名に選ばれて、めちゃくちゃうれしかったのを覚えています。

 

しかし仕事はすごくハイレベルで、まったくついていけませんでした。

追いつけない分は休みの日もつかって勉強したりしていました。

それがものすごいストレスになっていたんだけど、

「自分はまだまだだ」と思っていたんですね。

「わたしの努力が足りないんだ。まだまだやらなきゃいけないんだ」と。

 

休みの日もそうやって張りつめっぱなしだった結果、

入社10日後、仕事中に涙が零れ落ちてきて止まらなくなりました。

入社2週間が過ぎたころ、社長に呼ばれました。そこでこう言われました。

 

「イチエ、いま楽しいか?」

 

わたしは正直に答えました。

 

「正直楽しいとは思えません。

でも、まだ2週間だし、わたしの努力が足りていないのだと思ってます。

もっと慣れて、この状況を乗り越えたら、楽しくなると思います」

 

わたしの言葉に対して、社長はこう言いました。

 

「いまが楽しくないなら、ここはイチエがいるべき場所ではない。

すぐ離れたほうがいい。

2週間で離れることは悪いことじゃない。

イチエにとってここが合わなかっただけ。

私たちはイチエが頑張っていたことも良くわかっているが、

この環境がイチエに合わなかった、ただそれだけだから、

気にしなくていい」

 

正直プチパニックでした。

日本では、こういう考え方は浸透していないし、

毎日泣くほどのストレスを抱えていたわたしですら、

「2週間で辞める」という選択肢は持っていなかったから。

 

日本人は我慢しすぎる、耐えすぎると思います。

あと、変だなおかしいなと思っても、表に出さず飲み込みます。

置かれた場所で咲きすぎです。

仮に、事情があって環境を選べないにしても、

今いる環境をちょっとでも変える努力はできるはずです。

いま、苦しんでる人がいたら、苦しいことを受け入れていいし、自分を救うために、別の場所を探していいんだよって、言いたい。

 

個人事業主とか、社長とかなら別かもしれないけど、

雇われているうちは、正直代わりなんていくらでもいるし、

休んだって仕事に穴は開かないです。

代わりに誰かが助けてくれるはずです。

組織ってそういうものだと思っています。

 

もちろん、辞めるのなら段階を追って、

きちんと引き継ぎをしてからのほうが望ましいですよ。

 

でも、わたしみたいに手が震えたり、涙があふれて止まらなくなったり、

まして、仕事から逃げるために死のうなんて考え始めたらもう緊急事態。

きっともっと合う場所があるはず。

 

仕事は変えられる、住む場所だって変えられる。

環境を変えれば、人生を変えられる。

 

体を壊して失った時間や、なくしてしまった命はもう絶対戻りません。

体や命よりも大事な仕事なんて、あるわけないんだから。

 

 

headlines.yahoo.co.jp