イチエの頭の中。

はちのへで気ままなUターン暮らしを満喫中。みんな帰っておいでよ。

自分の価値は自分で高める。

f:id:ichiekko:20160131083836j:image
 
「旅しながら稼げたらいいなー」
って、毎日会社に行くことに疲れるといつも思います。
 
世の中どんどんこうなってきてますね。
「副業」と「複業」どう違う?日本の”雇われ社会”を変える未来の働き方とは?
 
"また複業を持つということは、自分の価値は自分で高めるということ。会社や組織に所属していれば自然と高まるものではなく、「何がしたいのか」「何ができるのか」と自分自身に問い続けながらブランディングをしていく道のりともいえるかもしれません"
 
「自分の好きなことで稼ぐ」
多くの人が夢見ることかもしれません。
自分の好きなことに向き合い突き詰めていくことが、自分の色を作り、個々の力を高める。
 
わたしは、「個々の力を高める」ってのがすごく大事だと思っていて、これが、いつ会社がどうなっても生きていけるっていう「本当の安定志向」につながると思っています。
「大手に入ったら一生安泰」という「いわゆる安定志向」な若い子はまだまだいますが、それは社会に出たことがないから、そういう風にしか考えられないのかも、とも思ったりもしています。特に、そういう環境で育ってきたならば、なおのこと。
 
「そういう生き方しか知らない」
「そういう生き方があたりまえ」
ってやつです。
 
わたしも昔は、「結婚したら専業主婦があたりまえ」と思っていたし、「結婚したら家族のために生きるのがあたりまえ」と思ってました。
それは私の母がそうだったからです。
 
よく、「できるできないじゃなく、やるかやらないかだ」と言いますが、「好きなことで稼ぐ」こそ、やるかやらないか、それだけのことだなぁと、ここ数年のまわりの人の動きを見てても感じます。
 
そして、このペースで進んでいくと、あと5年10年もすれば「複業」があたりまえの世の中になっていくんだろな。
 
「自分の好きなこと」に、「自分だからこそできること」という付加価値をつけて磨いていくこと。
こうやって日々自分と向き合うことが、生きた証を残すことにもつながっていくんだろうなと、思います。