イチエの頭の中。

昨年八戸にUターン移住。八戸の暮らしや移住、はたらく、女の人生などについてつらつらと。

はたらく

【はたらく】腹が据わらない。

腹が据わらない。 いつもどこかふわふわしてる。 うごけない。 スイッチが入らない。 一生懸命になれない。 あー、この感じは、当事者意識が持ち切れてない証拠。 と同時に、自分のことをすっごく情けなく感じる瞬間でもある。 最後に死ぬほど一生懸命になっ…

【はたらく】わたしはなんで移住をやってるのか?ということについて

この地域で暮らす人が、 ここでの暮らしを楽しんで、 その結果、人が集まってくる。 そんな人の循環。 あったかい、血の通った循環。 流れるんじゃなくて、戻ってくる。 外とか中とか関係なく、人が巡る。 そんな地域づくり。 人を引き付けるのは人。 移住者…

【はたらく】不平不満は増殖するだけで何も生まない。立ち止まって、自分の感情を保留してみる。

不平不満が積もり積もってる時って、 今の彼氏と昔の彼氏を比べて、 「昔の彼氏のほうがよかった」と思っているのと同じような状態。 こんなふうに、過去のものさしでしか物を見れていない自分に気付くと、 まったくもって情けない気持ちになります。 そんな…

【移住】「頑張って人口増やしてね!」への違和感。もうそんなこと言ってる場合じゃないのです。

「移住コーディネーターです」というと、 「頑張って人口増やしてね!」と言われることがたまにあります。 ですが、今から「人口減少対策のための移住」は遅いのです。 理由はこれが結構しっくりきました。ちょっと前の記事ですが。 gendai.ismedia.jp もう…

【はたらく】「女性活躍!!」の今に対する30代半ば独身女のありのままの声を公開してみます。

これから結婚する気も子どもを産む気もないから、仕事くらいがんばらないとなー。 ↓ でも正直、そんなに仕事バリバリやりたいわけじゃない。そこそこでいいんだよな。 ↓ しかし結婚してなく子ども産む気もないってなると、仕事くらいちゃんとやっておいたほ…

【移住】「人手不足」か、「人材不足」か、両方にやられて「悶絶」か。

「人手不足」か、「人材不足」か、両方にやられて「悶絶」か。 先日シェアされてたこちらの記事ですが、 移住推進の観点でもこの見極めはすごく大事だと思っています。 「この地域はどんな人に来てほしいのか」にもつながってくるところです。 一緒に手を打…

【はたらく】わたしが組織を好きな理由。

わたしは組織が好きです。 その理由はやっぱり「人」なんです。 ビジョンを共有しながら、一生懸命取り組む人たちと出会えるから。 そういう人たちは一生の財産になっていくから。 自分ひとりではできないことでも、仲間となら実現できるから。 もちろん、組…

【移住】自分の人生の基盤をどこにおくか?どこにいても、自分の人生を歩めればそれでいい。

お友達の協力隊員さんがシェアしてくれてたこちらの記事。 seyca.blog.jp わたしがこの間インスタでつぶやきながら考えてたことと、近い部分があったなー。 2017.5.22地元うんぬんではなく、自分がコミットしたい場所かどうか、なんだと思う。外に出たことが…

【はたらく】自分の命や体より大事な仕事なんてない。組織に属しているなら、代わりはいくらでもいるんだから。

入社 2週間で退職したことがあります。 ふらふらと好きなことをやって生きてきた人生のなかで、 初めて「キャリアアップ」というものを意識しての転職でした。 採用1名に対して応募が40名ほどあったと聞いたような記憶があります。 その1名に選ばれて、めち…

【はたらく】届けないと、届かない。届けて人を動かすって、簡単なことじゃない。

新聞でみつけた、県内就職のPR動画を作りましたよっていう記事。 県内の高校大学短大へDVDを配布するらしいけど、こういうのって学校単位で配布されたとしてどのくらい活用されるもんなんかなー? ちなみに「県HP→しごと→労働雇用→なるほど地元就職」で見れ…

【はたらく】何をするかより、誰とするか。仕事も、生活も。

これ本当にそう思います。 良くも悪くも、環境は人を大きく変えます。 自分がすごいと思う人、こんな働き方をしたいと思う人、こんな生き方したいと思う人、一緒にいるだけで楽しい人。 一緒にいる人を変えると人生が変わると思います。 逆もまたしかりです…

【はたらく】いまこそ呼び起こしたい「プランドハップンスタンス」

2017.4.13青森に、生きる。青森に、活かす。 久しぶりにクランボルツさんの名前を聞く機会が続けてありました。 クランボルツさんといえば、「プランドハップンスタンス(計画的偶発性理論)」を提唱した方として知られております。 20代のうちは、いろんな仕…

【移住】「青森には仕事がない」はウソ。だけどその中から「やりたい」と思う仕事を見つけるのはちょっと大変かも。

おもしろい求人サイト、いろいろありますよね。 読み物としても面白いので、私もときどき読んでいます。 shigoto100.com www.wantedly.com drive.media たまたま見つけましたがスタンバイで青森の攻める求人特集してくれてますね。 stanby.jp しかーしわが青…

「好きなところで生きる」という極めてシンプルな選択肢を、もっと自由に持てたらいいのに。

青森県八戸市に帰ってきて、4か月がたちました。 帰ってきてから出会う人は面白いひとたちばかりで、「まだ4か月か!!」と思うほど、なかなか濃い時間を過ごせているような気がします。 18歳で八戸を出て、34歳でUターン。年末に35歳になりました。 このペ…

「腰を据える」って、いつ思うんだろう。てか、わたしがそう思うときは来るのだろうか【2017の抱負】

腰(こし)を据・える 1 腰を下げて構える。腰の重心を低くする。2 落ち着いて事に当たる。腰を落ち着ける。「―・えて研究に当たる」3 ある場所に落ち着く。腰を落ち着ける。「転勤先に―・える」 (コトバンクより) 3的な感じで「腰を据える」と思って帰っ…

鉄は熱いうちに打て。まじで。

【しごと】京都視察終了。思うことはいろいろありますが、直近のネクストステップを宣言します。 毎週金曜日の夕方4時から5時、八戸ニューポートで定例会議(タイトル仮)をします(*・ω・)ノ コアメンバーは私と清川さんかなーと思ってますが、みなさんもお仕事…

移住しよう!と思うのに必要なこと。

2016.10.7種差海岸の朝日。#hachinohe #aomori #種差海岸 #八戸移住計画 #青森移住計画 #八戸暮らし #青森暮らし #三八暮らし #移住 移住を考えてた時に、東北と比較していたのは長崎県の新上五島町だったんですが、三重県の尾鷲市もいいなと思っていました…

【雑記】移住定住婚活の絶妙な絡みについて。

2016.10.22今年も東北ポップ100%のサッポロが出ました( ´ ▽ ` )ノ青森は三戸町産と田子町産のポップが使われてるよー!今夜飲む。わくわくわく。#aomori #三戸町 #田子町 #東北産ポップ #サッポロ #限定醸造 #今日のビール #八戸移住計画 #青森移住計画 #八戸…

【はたらく】真の安定志向とは、どんなことがあっても生き抜く力を身につけること。

2016.10.16なみーぬ、青森にもデオpapa届いたよ(*´ω`*)#gifu #日本温浴研究所 #デオpapa #デオパパ #入浴剤 #女子高生 #コラボ #県岐阜商 「安定志向はいちばん不安定」 これは、岐阜の仕事でとってもお世話になった、ある経営者さんの言葉。 「若いうちに…

【はたらく】若いうちに「しこたま働く」時期ってやっぱり大事だと思う話。

↑ 岐阜でしこたま働いてる人たち。 タイトルに入れた「しこたま働く」という言葉から、2パターンの連想はできるかなぁと思ってるんですけどね。 ひとつは、とにかくめちゃくちゃ「理不尽に働く」ってこと(今話題のブラックなんちゃらがこちらに当てはまりま…

風景をのこす。

「残したい風景」がある。 ゼロから新しいものを作るだけじゃなくて、大切なものを守り、次につなぐために動く。 そんな生き方働き方っていいな。 そう思った時に、頭に浮かぶのはやっぱり青森のこと。 どこに住んでても、青森県民っていうアイデンティティ…

世界で一つの輝く光になれ。

衝撃の告白?から、あっという間に1週間が経ちました。 ichiekko.hatenablog.com 離れるのが寂しいと言ってくれる人もたくさんいて、 お宿楽しみにしてるねと言ってくれる人もたくさんいて、 わたしはほんとうに人に恵まれているなぁと思った次第です。 いい…

暮らす場所を変えるということ。

いろんなところに行きたい。いろんなところに住んでみたい。と、子供のころからずっと思っていました。 きっかけは、中学で英語を学び始めたことかもしれません。「この言葉を覚えたら、世界中の人と話せるようになるんだ!!」と思った。世界がキラキラして…

2017卒就職活動に思うこと。

「就活」を仕事にして丸3年を迎えました。 やっぱり、画一的なスケジュールの中で進めねばならない日本の就職活動に対して、違和感と息苦しさを感じます。 「こうしなければならない」と思いすぎて、自分の進捗と周りの進捗を比べて苦しむ学生が出始める時期…

【女の人生】乙女心とキャリアの関係について。

大学生と接する中で、進路を決めるときに出てくるあるあるなんですけど、「彼氏と離れたくない」問題。 わかりますわかります。 これまでずっと一緒にいたのに、離れるなんてできないよね。 だって彼氏のこと大好きだもんね。大事なひとだもんね。 でもね、…

好きなことをシゴトにするということ。

去年、担当していた学生さんにご招待いただき芸大の卒展というものに行ってみた。彼女が作ったゲームは、各コースで1〜2人に与えられる賞も受賞していた。ひととおりそのゲームで遊ばせてもらい、その後案内までしてもらいました。大学全入時代のなかで、な…

旅友に会って、「しあわせにはたらく」を考える。

福岡から、旅友のとしにぃちゃんが、イチゴのひよ子連れてやってきた。去年、超大手を辞めて、旅を仕事にして生きる道を選んだにぃちゃん。「確かに、もらうものはしっかりもらってたし、福利厚生もすごかった。でも、やりたいことやってるから、今の方がず…

生きると働くのバランス。

昨日は朝から予定がみっちみち。おひるごはんは夕方4時でした。シゴトが忙しくなったりたまってくると、イライラして態度に出したりする悪いクセがあります。隠せないんですよねどうしても。正直者なんで(大人気ないだけとも言いますが)。 そんなわたしに…

自分の価値は自分で高める。

「旅しながら稼げたらいいなー」 って、毎日会社に行くことに疲れるといつも思います。 世の中どんどんこうなってきてますね。 ↓ 「副業」と「複業」どう違う?日本の”雇われ社会”を変える未来の働き方とは? https://paraft.jp/report/168 "また複業を持つ…

どうでもいいですよ。

っていうネタやる芸人さんいなかったっけ? …だいたひかる? だいたひかるではなく、イチエです。 今日、本当に仕事がどうでもよくなりました。 なんていいながら、まだ事務所にいます。 ひとりの事務所はわりと快適。だらだらしちゃいますね。 そんな感じで…