イチエの頭の中。

昨年八戸にUターン移住。八戸の暮らしや移住、はたらく、女の人生などについてつらつらと。

【3月20日まで】この写真にピンときたそこのあなた、八戸市美術館に急ぐべし。

https://www.instagram.com/p/BRr2mB1gg8G/

 

この絵を見てピンときた人いるはずです。

ジブリ作品「魔女の宅急便」で、キキが森の中で出会う絵描きの少女ウルスラが描いていた絵のモチーフになった版画が、八戸にあるのです!

 

芸術の青森みどころ紹介1 あの「魔女の宅急便の絵!?」 | 青森県立美術館

 

教育版画展「虹の上をとぶ船」

八戸市美術館にて3月20日まで開催中です。なんといっても入館料が破格。

一般 150(80)円、大学・高校生 100(50)円、小・中学生 50(30)円

※( )内は20名以上の団体料金 ※市内の小・中学生は無料

 

 

わたしはこのチラシを見るまで知らなかったのですが、この筋では有名な話みたいです。

 

1955年に教育における版画の導入が全国的に推進されるなか、1956年から1970年代にかけて八戸市内の中学校で行われた教育版画の実践は、教育美術が多感な時期の子どもたちに何を為せるかを問いかけた試みとして、今も各方面から高い評価を受けています。
 指導に当たった坂本小九郎氏は、中学校の美術教師でしたが、養護学級では国語や理科の教科も教えていました。八戸市内の中学校に赴任し、教育の先駆者をはじめ多くの方々から学ぶなか、子どもたちによる共同制作という教育版画の実践を試みるようになります。坂本氏の指導のもと、子どもたち自ら地域に取材した版画作品には、現実をしっかりと見つめ、話し合いを重ねた上でそれぞれが抱いた願いや希望が、豊かな発想とともに表現されています。当館には、この一連の版画群のうち「海の物語」「うみねこのうた」「船」「虹の上をとぶ船」など、多数の作品が所蔵されています。
 これらの作品は世界各国でも高い評価を受けており、国内においても、版画集『虹の上をとぶ船』のドキュメンタリー番組が製作されたほか、宮崎駿監督の「魔女の宅急便」に作品の一部が登場したことで知られます。
 本展では、今年で「虹の上をとぶ船」制作完結から40年となることを機に、坂本氏による版画教育の最初の実践から、集大成となる「虹の上をとぶ船 総集編Ⅱ」までを展示。時間をかけて取り組まれた、子どもたちの表現力豊かな版画作品を紹介します。

(八戸市美術館ホームページより)

 

「中学生の版画」と侮るなかれ、表現力半端ないです。わが母校の鮫中学校の生徒が制作した「海の物語」が半端ない。海の町鮫らしく、漁師たちに聴き取りをしてつくられた作品集で、漁師の力強さ、泥くささ、命と隣り合わせで働くことの恐ろしさ、ものすごい勢いで伝わってきます。

ウルスラの絵のモチーフになった版画が含まれる「虹の上をとぶ船 総集編」(ⅠとⅡがあります)は、それぞれ縦1メートル横2メートルの巨大な版画4枚から構成される作品で、大きさだけでなくその版画に込められるストーリーも圧巻でした。こんなに創造力豊かな子どもを育みつづける八戸、最高じゃん!

3月20日まで開催なので、まだ間に合いますよー!これ150円で見れるんなら超お得です。オススメ!

 

【女の人生】とある寿司屋の大将より、いまのワタシについてコメントをいただきましたので公開します。

f:id:ichiekko:20170314122424j:plain

 

「イチエちゃんに初めて会った時、

この子いつか自殺しちゃうんじゃないかと思ってた。

離婚した後すぐに青森に帰っていたら、絶対鬱とかになってたよ。

あの時岐阜に残って、ほんとによかったんだよ。」

と、盛岡で寿司屋の大将に言われました。

 

大将の言葉どおり、あの時岐阜に残ってよかったと心から思います。

 

離婚したらすべてが終わると思っていました。

でも逆で、離婚がすべての始まりだったと、今は思います。

 

青森に逃げないで、東海での暮らしを自分の力で全うできたこと。

ちょっとしたことかもしれないけど、あの頃の自分には一番必要な経験だった気がします。

 「自分の人生を生きる」というシンプルなことすら、見失っていたから。

 

今、青森の暮らしを楽しめているのは、岐阜で2年間、自分を見つめ直す時間を持ったからだと、本当にそう思います。だから、東海にはまた行きたいと思うし、みんなにも会いたいと思います。

 

今はすごく自由で楽しいです。

 

わたしの人生の主人公はわたしですけども、登場人物がわたしひとりでは絶対に成立しません。酸いも甘いも一緒に楽しんでくれる身の回りのすべての人たちは、これからもずっとわたしの財産です。

 

余談ですが、寿司屋の大将は以前よりこのブログを気に入ってくれていて、以前書いていた「もしもボックスシリーズ」の隠れファンでもあります。

ichiekko.hatenablog.com

 

昨日大将から、「コラムニストになれ」と助言をいただいたのですが、コラムニストってどうやったらなれるんでしょうか。そんな疑問も残りつつ、盛岡の夜は更けていきました。

 

では。

 

【実録】ペーパードライバー歴15年のワタシが移住2ヶ月で克服してマイカー持ちになった話【中古車選び編】

前回のおはなし

ichiekko.hatenablog.com

 

ペーパードライバー講習がおわったらすぐ車が必要だったので、並行して中古車選びを始めたわたし。車なんて買ったことないけど、とりあえずネット検索に挑戦。

グー、カーセンサー、ガリバーあたりよく見ていました。

www.goo-net.com

www.carsensor.net

221616.com

 

初心者の中古車選びの壁1:車選べって言われても、ほんとに何にも分からない泣 

なんせ、車のことが全くわからないので、検索条件に何をいれたらいいのかがまずわかりません。最低条件として、

・軽自動車かコンパクトカー(大きな車は必要ない)

・4WD(北国だから必須)

・走行距離8万キロ以下(10万キロはちょっとな・・・っていうだけ)

・オートマ(免許はマニュアルだけど無理)

青森県八戸市にある車(地域が選べるので、近所にいそうな車を)

で検索してました。

最初のうちはデザインは二の次。オーディオとかカーナビとかも全然気にしてなかったな・・・

 

初心者の中古車選びの壁2:先人に聞いてもみんな言うこと違う泣

車選び、いろんな人に話を聞きましたが、聞きすぎると訳がわからなくなるので要注意です(笑) それぞれ、こだわりポイントが違います。デザイン重視か機能重視か。軽には絶対乗らないという人もいます。ただでさえ車のことをわかっていない初心者は、インプットばかりしてしまうと逆に軸がぶれぶれになります・・・

 

いちばん迷ったのは軽か普通車か。いろんなひとに話をきいて、初心者はこう理解しました。

 

軽のメリット

・いろいろ安い(金額、保険、税金、など)

・ぶつけてもあきらめがつきやすい

 

普通車のメリット

・事故った時も軽よりはマシかも

・横風とかに煽られにくい

 

ってんで、維持費は軽のほうが安くすむ、事故った時はなんとなく普通車のが安心、と理解をしました。なので、事故が恐ろしかった私はなんとなく普通車かなーって傾いてました。妹は「軽はナンバープレートが黄色だからダサい!」と言ってましたけどね。

 

最終的には、

・4WD

・2007年式以降(古すぎると事故った時に交換する部品がなくなったりする)

・走行距離は6万キロ程度

・軽自動車(維持費安い、ぶつけてもいい)

・コミコミ40万以下(現実的に払える金額がこのくらいまで)

・事故歴なし(一度事故すると修理してもどっかに不具合が残ったりするらしい)

で落ち着きました。

 

私の中の最優先事項は、とにかくペーパー講習が終わるまでに車を手に入れること!!だったので、条件はほんとに最低限になりました。カーナビ、オーディオ、デザイン・・・と欲張った瞬間に車の選択肢が一気に減ってしまいます。なので、初代マイカーは選べる中から選んで、運転に慣れて2台目マイカーを買うときにこだわることにしました。まずは仕事で使うために車を手に入れて、安全運転できるようになること。贅沢は敵です。

 

初心者の中古車選びの壁3:なんとなく不安で中古車屋にひとりで行けない泣

ネット検索の成果が実り、条件が分かってきたので、いよいよ中古車屋さんへ行きます。八戸には、中古車屋さんがいーっぱいあるので、実際買うときに困ることはほとんどないと思います。大きい店から小さい店まで、よりどりみどりです。ただ、1人で行ってもきっとわけがわからないなと思ったので、妹に一緒に来てもらいました。

大手のお店だと保証やオプションが必要なものは付けられるので、安心感はあるのかなーと最初は思いました。でも個人のお店でも、安心感に特段差は感じられなかったです。結論、気に入った車があるところで、自分が信頼できる人から買うってのが大事なのかな・・・と思います。

 

わたしは最終的に父トシアキの知り合いの店(整備もやってるところ)で買いました。最終的に走行距離10万キロのMOCO(黒)か、6万キロのミラ(現・みっちゃん)の二択になり、デザインはMOCOのが好きだったけど、状態や走行距離などトータルではミラのほうが条件が良かったので、ミラに決めました。

 

そして、移住して2か月後の11月末、私は晴れてマイカー持ちになりました。

 

八戸はもうすぐ冬が終わりそうです。凍結した道路を走りたくなくて、約3か月みっちゃんは冬眠状態でした。春がきたらみっちゃんで青森県内をめぐる旅をしたいと思います。そして、運転がうまくなったら、ダイハツのムーブキャンバスに乗りたいと思います!!(宣言)

dport.daihatsu.co.jp

 

夢ある~!!

 

では。